人間は、脳が発達した為に
フルに使いこなせてはいないとしても
自らの体内にスーパーコンピューターを持つ事が可能となりました。 

それは
あらかじめ、いろんなリスクを察知して
それを回避する様々な手段・方法を思いつく事などが可能になったとも思います。

その一方で
人間が置き忘れてきたものも、たくさんあると思うのです。 

愛犬を観察してきて
とっても気付かされる事が多いんですよね。

今回は、その動物が教えてくれた人生観を書いてみる事にしました。

まずは・・・

【“今”を生きる】 という感覚。

私が食事中と入浴中には「~ながら」を止めるという
それを思いつかせてくれたのも
愛犬ちろるでした。

彼ら動物にも
好き、嫌いの感情はありますし
好きじゃない食事が出てきた時の反応ったら・・・
断固として食べない事もあります。

でもね
食べる時といえば
「これ食べたら、後であのおもちゃで遊ぼうかな~」とか
「ちょっと最近、体が重くなってきたから、食べるの我慢しようかな~」とか
「 これ終わったら、あの子に会いに行かなきゃならないなあ~」とか
他の事を 考え“ながら” 食べてはいないんですよね。
一心不乱に、ただただ目の前の食事を楽しんでいる・・・

人間って、不確実な先の事を考えて
(いいえ、一見確実かもしれないほんの数秒先であっても、「今」という瞬間ではありません。)
「今」
という時を、心から味わっていないと思うんですね。

それが
私が~ながらを止めて感じた一つです。

この「今」を生きる感覚-
とっても重要なんですよね。
私は、ここから奇跡が始まりました。

他にも、たくさん彼ら動物から気付かされた事がありますが
それはまた別の機会に☆ 

【ちろるの一言】
IMG_1249
またお目目が腫れちゃって、こんなのつけられたから・・・
ちっとも今を楽しめてない!!


************************************************************************
※大切なペットの気持ちを代弁します。
★~アルコバレーノのホームページはこちら
★お申し込みはこちら 
************************************************************************