人にはそれぞれ才能があると思う。

では
才能がなかったら、芽が出ないのか?
というと、決してそうではない。

「努力」を重ねる事によって
その才能は開花する。

というより
そもそも、その「努力」する
つまり継続する「根気」こそが
すでに才能なのだと思う。

もしかしたら、その才能は
自分が期待しているものとは違うかもしれない。
他の誰かを見て
あんな才能が欲しいと願うかもしれないけれど
自分には、自分の才能がある。

才能というと分かりにくければ
得意なもの
無理せずにできる事
努力を努力と思わずに出来る事
と言ったらイメージできるだろうか・・・

私は、話すのが得意ではない。
お笑い芸人さんのように
普通の話でも、面白く広げる事も苦手だし
政治家のように
人を魅了するように話もできない。

過去には、そんな自分が嫌で
なんとかしようと、話し方教室に通った事もある。
(今思えば、私が求めていたのは
たぶん「話し方教室」よりも
「NSC」とか「ディベート」とかの方が必要だったような・・・

でも、そもそも、
人が提供してくれている面白さを楽しむのは大好きだが
自分が面白くしようというのは
私には苦痛のようだ。

一方
「一緒にいて落ち着く」と言われた事はある。

私も、相手の話を聞いて
その話からキャッチボールするのは、全く苦痛ではないし
むしろ楽だ。
(ごめんなさい・・・話題にもよるんだけど)

だから、私は
面白くなろうというのは止めた。
相手を和ましたり、包み込むような
そんな癒しの人になろうと方向転換した。



誰でも必ず
宇宙からのプレゼントとして「才能」を受け取っている。

もし、今光っていなくても
それは力を注ぐ場所が違うだけなのかもしれない。

【ちろるの一言】
IMG_0406
 ぼくは、こうやって遊ぶのが輝けるんだあ