人の言う「問題行動」って
果たして問題行動といえるのだろうか?

なぜなら
動物にとって当たり前の行動であって
彼らにとって問題行動を起こしているという意識はない。


以前
触ろうとすると、噛んだり唸ったりするワンコの気持ちを
聞いて欲しいという依頼を受けた事がある。

その依頼をされた方は
その事が問題で困っているという理由で依頼された訳ではなく
その子は重度の皮膚病で
自分たちに何かしてもらいたい事があるのだろうか
という、思いやりに基づく依頼であった。

その中で
触ろうとすると噛んだり、唸ったりするという話を聞いた。
散歩に行く際に、リードをつける時でも、噛む時があるそうだ。

触ろうとすると、その子が噛んだり唸ったりする理由は3つ。

第1には
飼い主さんご自身も認識のあったように
皮膚病で触られると痛い事。

第2には
その子は触られる事自体が好きではない事。
ただ、体の全個所について触られるのが苦手な訳ではなく
唯一、あごの下だけは触られても大丈夫なのだそう。

第3には
散歩を行く時に、リードをつける理由を理解できていない事。
家にいる時には、ノーリードだから余計に分からなかったのかもしれない。
だから、その子はノーリードの方がいいし
何故リードをつけなきゃならないの?と私に質問してきた。

でも
犬を苦手に思ったり、怖いと思っている人もいる中で
人間社会で共に生活していくためには
安心材料としてリードが必要である事を
その子に伝えた所
納得してくれたみたいだった。


さて、その後-


依頼者の方から頂いたメールによると
それまでハーネスをつける時には逃げていて
さらに
背中に皮膚炎が出来てからは、ハーネス自体もさせてくれなかったのが
多少いやいやではあるけれど
素直にハーネスをさせてくれるようになったそうだ。

この子のように
人間社会で共に暮らしていくためのルールを理解していない子は
割と多いように思う。

他の子の場合
人間社会でのルールを理解しているからだけではなく
飼い主さんとの触れ合いが楽しかったり
飼い主さんが喜ぶ姿を見て嬉しかったりするから
飼い主さんに従っている場合が多い。
※もちろん、全てがそうではない。

この子の場合は
皮膚病の影響で、触られるのが痛い事と
元々触られる事そのものが苦手だった事もあり
(さらに言えば、人とべったりするのがあまり好きではない)
飼い主さんの指示に従わなかった。
つまり、リードをつけようとすると
噛んだり、唸ったりしていた。


ところで
毎年、どれだけの犬猫、その他のペットといわれるコンパニオン・アニマルたちが
捨てられ、殺されていっているのか・・・

その理由は
様々な理由で「飼えなくなったから」なのだが
一度、家族として迎えいれた限り
最後まで愛情もって育てていってほしい。
家族として光の国へ旅立たせてほしい。

そして
動物が問題行動を起こして困り果てたから
捨てるなんて
そんな無責任な事は決してしないで。

だって
そんな問題行動を引き起こしたのは
彼ら自身ではなく
飼い主さんなのだから。

だから捨てる前に
トレーナーさんにでもいいし
私のようなアニマル・カウンセラーにでもいいから
どうぞ早めに相談して。

でも・・・
こうやって相談してくれる人って
そもそも捨てるなんて考えていない人だよね・・・

動物を安易に捨てる人に
私の思いも
彼らの気持ちも届くのかな。

どんなに彼らが
自分を迎えてもらった家族の事を大切に思っているかを。